COLUMN COLLECTION | 連載コラム

わが社に監査が来る!

運送事業に携わる社長・管理職の相談役・コンサルタントとして
問題を解決する「あいち経営コンサルタント」の和田康宏氏。
現場視点で運送会社の社長が抱くさまざまな悩みを解決し、
厳しい経済情勢で生き残っていくためのポイントを解説する。

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格、会計事務所勤務後、22歳で行政書士試験事務所開業。Gマーク制度並びにグリーン経営制度発足当初から「取得支援」を開始。運輸安全マネジメントの導入・運用を支援。これまで300以上のコンサル実績がある。
あいち経営コンサルタント 和田康宏
お問い合わせは http://www.aichi-keiei.jp

新トラック運送経営のヒント(最終回)機器の管理で危機を回避


 「アルコールチェッカーによるチェックを不正に逃れていた」。九州のあるバス会社で判明した、何とも情けない話です。すでにこのバス会社に対する九州運輸局の監査は終わっており、法令違反があれば行政処分が下されます。

 不正に逃れていたということですが、実際にはアルコールチェッカーにさすストローに細工をして同僚に身代わりをしてもらう方法や、ポンプで息を吹きかけた形にする方法だったようです。飲酒運転防止のためのアルコールチェッカーによるチェックは義務化されて2年以上経過しています。

 今更ですが、飲酒運転に対する意識の低いドライバーがいることが改めて浮き彫りになった形です。しかも、人の生命を預かっている旅客運送で、というのが驚きです。

 つい先日も、中部地区のトラック運送会社が「飲酒運転による接触事故」をキッカケに国土交通省の監査を受け、厳しい行政処分を受けました。処分内容は、車両数58台が7日間の営業停止です。〝多数の法令違反〟による違反点数44点に基づく営業停止。つまり、飲酒運転だけで営業停止になったわけではないのです。あくまでも「飲酒運転」はキッカケに過ぎません。しかし、飲酒運転は「悪質違反」に当たります。

 一般的に悪質違反の場合、通常の監査(いわゆる巡回監査)ではなく、特別監査になるため、より一層厳しく法令違反をチェックされます。

そのため、行政処分結果も厳しい内容になることが多いのです。今回のケースでも、仮に関係法令をほぼ守っている、ということであれば、ひょっとすると大した行政処分にならなかったでしょう。

 運送会社の重要な安全管理の一つであるアルコールチェッカーによるチェック。機器を導入しただけでは、飲酒運転防止の役割を果たしません。

 定期的なドライバーに対する教育。日々実際に適切にアルコールチェッカーが活用されているかのチェック。この二つをおろそかにしていると、ある日ある時、「事故や不正」の発覚で、一気に会社が窮地に追い込まれます。会社が「危機」に陥らないためにアルコールチェッカーの「機器」管理。

 人間は誰でも弱さがあり、チェックが甘ければごまかそうとします。「信じながらも疑う」このマイナス思考がないと、安全管理は骨抜きになってしまいますね。

2013年10月25日 13:37

  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス