PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

ETC2.0、重量データ不十分 違反判定、 運用めどたたず

【政治・経済】
2016年9月13日 17:14
0913.jpg ETC2・0から得られる経路データを使って特殊車両による重量違反の有無をシステムとして確認するとしていた国土交通省は、重量データが十分に得られないなどの理由から、制度開始後半年以上経過したいまも、システム運用開始のめどが立たないことを本紙取材で明らかにした。システムによる重量確認は、特殊車両の審査を簡素化することで大型車両が通行しやすい環境を作るという観点と、老朽化した道路を違反車両に通行させないという点を折衷させる「特車ゴールド」制度運用の根幹を支えるもの。制度運用のめどが立たないままETC2・0の普及促進策が打ち出されることに「見切り発車」との批判も上がりそうだ。
 本紙は、国交省が1月に発表した特車ゴールド制度に関する資料(図はその一部)をもとに、特殊車両許可システムによる違反判定の運用の仕方などについて同省道路局などに回答を求めていた。同省は図のように、ETC2・0を装着した特殊車両から得られる走行経路のデータと、過積載取締システムで得られる重量データをそれぞれ、特殊車両許可システムに連結させたうえで、特殊車両の軸重などの違反の有無を判定するとしていた。
(詳しい内容は、物流ウィークリー9月12日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス