PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

タクシー初乗り料金との相違点 最低運賃定められるか

【政治・経済】
2016年10月21日 13:48
1021.jpg 運送事業者にとって最も大切とも言える「運賃」だが、いまだに〝どんぶり勘定〟という事業者も珍しくはない。原価計算を勉強しようとトラック協会に行き、話を聞こうとしても「独占禁止法」という大きな壁があり、なかなか前に進まない。最低運賃が決められていれば...という声も多く聞くが、こちらも同じく独占禁止法が壁になり決められない。タクシーでは初乗り料金が決められているが、トラック運送との違いは何なのか。関係者に話を聞いた。 

 道路交通法や貨物自動車運送事業法では、最低運賃を設定することに「何の問題もない」と言うのは、近畿運輸局の貨物課。「大阪の運送事業者が一律に『この価格でスタートしましょう』となっても問題ない」という。ただし、あくまでも道交法や貨物自動車運送事業法としてだ。「ほかの法律、例えば独占禁止法などにひっかかる場合は知らない」と話す。「運賃については規制がないため事業者が決めればいい。(すべての事業者が利用運送許可を持っていれば)10次下請けでも20次下請けでも問題ない」という。
(詳しい内容は、物流ウィークリー10月24日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス