PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

かけこみ寺への相談増加 下請けいじめ解決への道は

【荷主トラブル】
2016年11月14日 17:57
 政府が下請け取引の適正化に乗り出したのは昭和31年。50年以上が経った現在でも、下請けいじめはなくなっていない。下請法の強化は進められているものの、抜本的な解決には至っていない。「声を上げると取引が中止されてしまう」として、泣き寝入りしている中小・零細企業は少なくない。抜本的な解決には「取引が停止されても大丈夫な体力を蓄えておくことが必要」というが、それができる企業は、それほど多くはないのが現実だ。

 下請けいじめの相談窓口として、全国に設置されている「下請けかけこみ寺」。相談数は全国で年間5000件、近畿地方だけでも同500件はあるという。しかし、かけこみ寺に相談しただけでは問題は解決しない。相談員の一人は「本当に解決しようと思うなら、取引中止を覚悟して裁判をするか、条件が合うなら公取委に訴えるしかない」という。全国中小企業取引振興会のHPによると、かけこみ寺への相談数は平成25年4982件、同26年5473件、同27年5825件と増加している。かけこみ寺以外でも商工会議所などでも相談を受け付けている。
(詳しい内容は、物流ウィークリー11月14日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス