PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

覚せい剤でドライバー逮捕 自損事故で発覚

【事故】
2017年1月25日 18:07
0125.jpg 関西地方の運送A社では先日、自社ドライバーがプライベートで自動車を運転中、自損事故を起こした。A社社長が同ドライバーに連絡したところ、当初はその事故で警察に拘束されていると考えていたが、日数が経過しても釈放されないことから、A社長が警察に事情を聞くと、覚せい剤所持、使用の疑いでの「現行犯逮捕」だったことが明かされたという。
 A社にも警察の事情聴取が行われ、同ドライバーの私物の提供などが求められた。同ドライバーが乗務していたトラックも調べられたが、問題となるものは何もなかった。あくまで同ドライバーのプライベート時での使用の疑いだったため、警察からは「日頃からおかしな行動がなかったか」などを聞かれた程度だった。A社長は「同ドライバーは大型車にも乗務していた。もし乗務中に薬物使用による幻覚症状などが起こっていたなら、トラックが『走る凶器』となっていたかもしれない。そう考えて、背筋が凍る思いをした」とし、「当社では点呼を毎日行っており、アルコールチェックなどは徹底しているが、薬物などに反応を示さず、本人の様子も日頃と変わらなければわからない。警察などは特殊な検査などを使って明確にできるが、会社では調べることはできない。そのため、従業員がもし薬物を使用していたとしても、言動に変化がなければわからない」と話す。

(詳しい内容は、物流ウィークリー1月23日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス