PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

車検証コピーで入構拒否 紛失対策で原本を会社で管理

【荷主トラブル】
2017年2月 1日 19:05
0201.jpg 「車検証」は、運行時に携行することが義務だが、「原本は社内で管理し、車両にはコピーを置いている」という運送事業者も少なくないようだ。約200台の車両を保有する大阪市の運送A社でも、「管理上必要なことも多く、さらに原本の紛失を防ぐために、保有車両のほとんどに車検証のコピーを置いている」と話した。

 A社が先日、ある荷主企業で車検証の提示を求められた際にコピーを提示したところ、「原本を提示してほしい」とのことで、入構を拒否された。さらにその数日後、接触事故を発生させた際に、警察から車検証の提示を求められ、コピーを提示したところ、ドライバーだけでなく、会社に対しても注意が寄せられた。「今まで車検証はコピーでも何も言われず、問題なかった。突然、荷主と警察から原本の提示を求められた」という。
 その後、A社長が同業他社に、この件について相談したところ、「最近では荷主、現場によってはコピーでは不可というところもあるとのことだ。台数が多いが、保有車両のほとんどに車検証の原本を置いて、社内ではコピーで管理していると言われた」という。A社では「今まで何も問題にしていなかったことなので、突然、荷主の現場や警察で原本の提示を求められて驚いた。基本的には原本が当然だが、台数が多く、ドライバーが紛失したりする場合もあるので、当社では原本は社内で保管していた」と話した。

(詳しい内容は、物流ウィークリー1月30日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス