PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

高圧ガス表示義務違反 会社と運転者に計20万円の罰金

【行政処分】
2017年2月16日 15:58
 昨年の夏、車両の前後に高圧ガス積載の表示がなかったとして、岡山県警の摘発を受けた大阪府の運送A社(本紙既報)。溶接用の酸素とアセチレンのボンベ各1本(使用途中のもの)を積載し、道路を走行時にパトロール中のパトカーに摘発されたもの。最終処分として、会社に10万円、ドライバーに10万円の罰金の支払いが命じられた。

 A社は「30年輸送しているが、初めて違反として摘発された。同業他社に話しても、皆が驚いている。まさかここまで重い処分になるとは思わなかった」と話す。家庭用のLPガスなどを専門に輸送している運送B社では、「基本的に高圧ガス輸送では、たとえ1本の積載でも表示義務がある。しかし、当社でも今まで様々な相談を受けたが、こういった形での検挙は初めて耳にした」という。「酸素とアセチレンのボンベ積載で、高圧ガス積載の表示が必要と考える人は少ないと思われる」とし、「今回、検挙で書類送検され、略式裁判で会社とドライバーに10万円ずつの罰金支払い命令と聞いて、われわれ専門業者としても、そこまで重い処分になるのかと驚かされた」と話す。
(詳しい内容は、物流ウィークリー2月13日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス