PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

人材不足、解消の兆しは 「反応あり」事業者の声

【労務問題】
2017年3月30日 14:06
0330.jpg 運送業界では現在、深刻なドライバー不足で「求人募集を出しても、冷やかしの電話すらない」と嘆く運送事業者も少なくない。しかしそんななか、「募集人数1人に対して多くの応募があった」「先月下旬に募集を行ったところ、若干の反応があった」という事業者の声も出てきた。今後、運送業界のドライバー不足は、改善されていくのだろうか。

 大型ウイング車などで雑貨輸送を展開する大阪市の運送A社では、「先日、『大型ドライバー募集』『完全週休2日制』と、勤務時間帯と賃金も明記したうえで求人募集を出した。すると、1人の採用枠に対して20人から応募があった」という。「今までは『完全週休2日制』や、勤務時間帯なども詳しくは記載していなかった」というA社社長。今回の求人募集の内容について、「荷主から配送センターへの地場輸送」、荷主が完全週休2日制であることから「完全週休2日制」とし、勤務の時間帯を明確に記載したところ、多くの求職者から応募があったという。「正直、ここまで応募が来るとは考えていなかった。採用にあたって、どの人材が良いかと迷うほど。休日の増加を図り、今までの募集内容を見直すことで、『条件が合えばドライバーになりたい』と考えている人材がいることがわかった」と説明する。
(詳しい内容は、物流ウィークリー3月27日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス