PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

敬遠される青果物 農作物輸送の現状

【その他】
2017年4月11日 07:56
 「農作物の物流は今後、立ち行かなくなる可能性がある」。これは農水省や経産省、国交省が中心となってまとめられた「農産品物流対策関係省庁連絡会議」の農産品物流の改善・効率化に向けて提示されたものだ。農産品物流は「生産量が天候に左右される」「腐敗しやすい」「手積み・手下ろしが負担」ということもあって、トラックドライバーの確保が困難になると危惧されている。農作物輸送の現状がどうなっているのか、関係者に話を聞いた。

 農林水産省によると、「九州など(東京から離れたところ)から困っているという話が出ている。『大手の運送会社が運んでくれなくなった。中小の運送会社しか運んでくれない』という声を聞くようになった」と説明。「実際に停滞するところまでは至っていないが、いままでにない条件がついたという報告も聞いている。農作物の種類によって差があるかどうかまでは把握していない」という。JA全農(東京都千代田区)では「広報レベルでは、そう言った話は聞いていない」という。しかし、JA宮崎経済連(宮崎市)では「農作物の輸送を敬遠する動きは、いまに始まったことではない。以前からある話」という。

(詳しい内容は、物流ウィークリー4月10日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス