PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

新型車の価格高騰 「増車・入れ替えできない」

【トラック】
2017年4月13日 15:40
0413.jpg 新型車の価格が急激に上昇し、大阪府の一部の運送事業者では、「現状の運賃では採算に大きく影響する」とし、今までのように、車両の入れ替えや増車ができるか、不安を抱えているようだ。

 大阪市の運送A社ではトレーラや大型車で鋼材をメーンに近距離輸送を行っており、「現在、トレーラで1か月の売り上げは100万円程度、大型車では100万円足らず。現状では、完全週休2日制で、定量積載、ドライバーの労働時間の短縮など様々な問題をクリアしながらどうにか運営している」という。A社は大型トラック増トン車を新車で購入して10年が経過したことから、買い替えを検討し先日、ディーラーに大型増トン平車の見積もりを求めた。すると、「定価で約2000万円とのこと。最終的な価格は言えないが、今までの大型トラックの価格と比べて300万〜400万円程度値上がりした」と驚きを隠せない様子。
(詳しい内容は、物流ウィークリー4月10日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス