COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営コンサルタントの現場報告

物流専門のコンサルティングを手がける㈱シーエムオーの代表取締役・川﨑依邦氏が、
実際に体験した労務問題を報告。取り組み内容などを詳しく紹介します。

昭和24年、広島市で生まれる。早稲田大学卒業後、民間会社で人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。㈱日本経営から昭和63年に独立開業、平成2年法人設立。「物流経営研究会」を組織。物流業界でオンリーワンの経営コンサルタント会社を目指す。
シーエムオー 川﨑依邦 代表取締役
お問い合わせは http://www.cmo-co.com

経営再生物語(152)小集団活動の実践〈事例A〉


 〈ギャップを埋める〉

 (1)定例のミーティングは週1回行う。時間は60〜90分。この定例化はA社にとっては強い決意のいるところであった。ちょっと気が緩むとウヤムヤになってしまうのである。「仕事が忙しい」「メンバーが集まらない」。職場ミーティングができなくなる理由はいくらでもある。「どんなことがあってもやる」との強い決意がいるわけである。
 (2)事前の準備。テーマごとにミーティング資料を準備する。オアシス運動ではオアシスチェックリストである。一人ひとりが1週間分チェックしてミーティングに臨む。
 オアシスチェックリストの内容は、①ハキハキと大きい声でオアシスができたか②オアシスは何のためにするか分かっているか③呼ばれたら「ハイ」と返事ができたか④分け隔てなく誰とでもオアシスできたか⑤オアシスの必要性について同僚に呼び掛けたか----というもの。
 このチェックを本人と、相互評価として小集団メンバーが、職場ミーティングの席で行う。自分ではできたと思っていても、他人の目からするとそうでもない場合がある。ギャップがある。乗務員の中には「オレはハンドルを握って働くためにここに来たのに、なにがオアシスか。小学生みたいなマネはしたくない。どうして車に向かってオアシスするのか。知らない人がみたら『こいつはバカか』となるよ。普通でいいんじゃない。ヨーと手を挙げるだけで十分」という者もいる。
 それに対して、ミーティングで深めていくわけである。自分たちの仕事はハンドルを握るだけではないこと、いわゆるサービス業であることを確認する。サービス業の基本はあいさつにあることを知らしめていく。「われわれ乗務員の仕事は、ハンドルを握ることだけではない、ハンドルを握ることで荷主にサービスをしているのだ。荷主に、安全・確実・スピードという運送サービスを提供することで成り立っている。だから車に向かってオアシスするんだよ」。ギャップを埋めていくプロセスとして、職場ミーティングを活用する。そのためのチェックリストである。
 車のスピード運動では、タコグラフのチェックが事前準備となる。社速オーバーの理由について追及していく。  「高速道路では車の流れというものがあって、とても90㌔㍍では走れないよ」
 「だけど君は120㌔㍍も出している。せめて100㌔㍍は超えるなよ」
 スピードの抑制は、燃費効率の向上にもつながっていくことを示していく。
 「社速をしっかり守っているものと、そうでないものとでは、燃費データがくっきり違う。スピードの出し過ぎは燃費のムダ、命の危険ということだ」
 清潔・クリーン運動では、実施状況チェック報告書を活用する。グループ単位で清潔・クリーン運動に取り組む。「トイレの掃除をどうしてやらねばならないのか。おれたちはドライバーだ。そんなことは掃除のおばさんがいるじゃないか」。反発に対して粘り強く説得していく。「サービス業の根本はクリーンにある。いつも使うトイレをピカピカにすることは、心をピカピカにすること」
 荷主満足度向上運動では、クレーム報告書を、事前準備として活用し、クレームの原因を追及していく。クレーム項目としては製品の破損、積み忘れ、下ろし間違い、延着を取り上げてデータを集計している。データ集計に基づいて原因を追及し、対策を立てていく。職場ミーティングには事前準備が肝要。A社でいえばオアシスチェックリスト、タコグラフチェック(燃費効率データ、清潔・クリーン実施状況報告書、クレーム集計表)ということになる。

2017年4月21日 13:27

  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス