PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

船井総合研究所 「事業承継とM&A支援」本格的に開始

【M&A】
2017年4月24日 17:33
20170424.jpg 船井総合研究所(東京都千代田区)はこのほど、物流事業者の事業承継とM&Aの支援事業を本格的に開始した。少子高齢化が進み、人手や後継者不足など、事業承継に関わる問題が山積している昨今。「買って終わりではない」という同社のM&A事業は、運送事業者を救う手立てとなるのか。

 「『売り手からすると高く買ってもらう』『買い手からすると安く買う』だけではなく、一緒になった後の『相乗効果』や『相性』も重要」と語るのは、M&Aコンサルティング事業室部長で上席コンサルタントの宇都宮勉氏。「M&Aは目的ではなく、一つの手段。あくまでも業績アップが目的で、その後も継続的にコンサルティングでお付き合いさせていただく」という。M&Aにかかる期間についても、「他社では3か月から半年程度が多いが、当社は1年以上かける場合もある」と、短期間ではなく、長期的なスパンで対応。「買われる側の社員が不安にならないよう、事前に統合先の企業での研修を設けるなど、時間をかけてゆっくりと徐々になじんでいただく」と説明する。一般的な事業承継の方法には、息子や娘などの親族への譲渡や、廃業、売却などが挙げられるが、「実際は子どもへの承継がほとんどで、承継を検討し始めてから時間が経つにつれ、選択肢は狭まってくる」と同氏。
(詳しい内容は、物流ウィークリー4月27日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス