PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

ジワジワと値上がり傾向 どうなる?「軽油価格」

【燃料問題】
2017年4月25日 09:42
20170425.jpg 運送事業者にとって軽油価格の推移は、経営を左右する重大事だ。苦労して出した利益も、軽油価格が少し変動するだけで、簡単に吹き飛んでしまう。軽油価格が高騰した4年ほど前に比べれば、かなり値を下げているとはいえ、このところは5週連続の値上がりなど不安定な動きを見せている。中東情勢や極東アジアの政情も安定しておらず、先行きが見えない。今後、軽油価格がどうなるのか、関係者に話を聞いた。

 ジワジワと軽油価格が値上がり傾向にある。資源エネルギー庁の12日発表によると、軽油価格は112.2円で7週間ぶりに0.1円の値下げだったが、横ばいだった先週を挟んで5週連続して値を上げている。1年前の軽油価格が98.3円で、1年間でリッター当たり14円も値上がりしている。全ト協の軽油価格調査でも平成28年4月に78.47円(スタンド)だったものが、同29年2月に91.09円(同)と、12.62円も上昇している。
 今後の軽油価格はどうなるのだろうか。全国石油協会(東京都千代田区)では「詳しい話は石油情報センターに聞いて欲しい」と説明。日本エネルギー経済研究所石油情報センター(同中央区)では「アメリカのシリア攻撃以来、かなり反応している」
(詳しい内容は、物流ウィークリー4月24日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス