PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

「自動運転、無人走行」近未来と感じる声も

【トラック】
2017年5月 9日 08:39
 相対的に賃金が低くなったから人手不足が生じているのか、それとも物流サービスの仕方の転換を迫るための人手不足なのか。渦中の事業者と、その取り巻きのものの見方の違いは、そうした問題意識にも置き換えることができる。後者の見方として、例えば「自動運転や無人運転の技術が確立したとき、そんなトラックを導入しますか」をトラック事業者に改めて尋ねてみた。

 10年以上前、記者は同じような質問をして回った記憶がある。「ロボット乗務員」という表現を使い、具体的には当時注目を集めた人型ロボットが物流サービスを供給する場面も想定しての質問だった。昨今、そうした近未来の想定として多くの人が共有するのが、自動運転車、無人運転車だろう。今年還暦を迎えるトラック事業者は開口一番、「10トン 車が公道を走っているとしたら気味が悪い」。車体が大きい分、万一の事故なども連想したのだろう。しかし次第に、「人件費が要らない。トラックの値段が高くなっても買う」に変わっていく。そして、「無人トラックが買える、買えないで業者が初めのうちは棲み分け、やがて買えないところが廃れていくのでは。そうした形になるまで、しんどい形が今から見て30年は続く」と話した。

(詳しい内容は、物流ウィークリー5月1日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス