PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

積載効率高める 本腰を入れる荷主

【その他】
2017年5月12日 15:19
tra051501.jpg どれだけの荷物をトラックに積み込むことができるだろうか。荷主にすれば、効率的に荷物を積み込むことができれば、それだけコストを抑えることになる。運送事業者にとっても人手不足で四苦八苦している現在、少しでも効率的な輸送を展開したい。今回、荷主自らが商品の形を変えて積載効率を高めた事例と、業界全体で段ボールの形を統一しようと取り組んでいる事例を紹介したい。

 パレット当たりの積載効率を1.5倍にさせたというのは、キリンビバレッジ(東京都中野区)。同社では、環境に配慮したやさしいパッケージ開発の一環として炭酸大型容器(1.5㍑)の仕様変更を実施した。1パレット当たりの積載箱数が40箱から60箱となり、積載効率が1.5倍に向上した。ペットボトルの高さは現状のままだが、胴径を直径92.5㍉㍍から同89.5㍉㍍に変更。同仕様変更によって、トラック台数を約2割削減することができるという。

(詳しい内容は、物流ウィークリー5月15日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス