COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 毎日、同じような事を繰り返す内容の仕事であっても、その日その日、改めて手掛ける仕事は新鮮味に満ちたものでありたい。昨日の流れを漫然となぞるだけでは感動も感激も生まれない。新しい仕事と考えるからこそ、何から何を、どのようにこなすかを新しく考える。昨日の流れとは違うフレッシュ感を吹き込みたい。

 ▲どんな簡単な仕事でも最初の壁は、いざ取り掛かろうとするときだ。厄介な仕事は最初の一手に時間がかかるが、まずは手を着けてみることだ。新米のうちは何度もやり直しが求められるだろうが、経験を積んでベテランになれば、無駄な時間が多少はなくなる。仕事にも難易があって、なかには苦手とするものもあり、次第に仕事量も多くなる。その中から優先順位を見定めて能率化を図る。

 ▲学校で経験した試験を思い出せばよい。数多い問題の中から、解きやすい問題を優先的にこなし、苦手な難問を後回しにした経験を生かせばよい。最初に難問と対峙すると、解答に時間がかかり過ぎて全問を解答する余裕を失う。しかし半面、難しいからと手を着けないのも困る。苦手意識が先行して放置すれば、せっかくの試練を自ら投げ出すことになる。果敢に挑戦する気概は堅持したい。

 ▲「火事場のバカ力」という教えもある。切羽詰まった状況の中に追い込まれると、苦しまぎれにこなした仕事が、意外な輝きを見せることがある。どんな難問でも一気呵成に片付けられればよいが、そうでなくても真摯に諦めることなく挑戦すれば道は開かれる。まずは「やってみる」精神が苦手な難問を解くカギになるかも知れない。何事も「取り掛かってみる」スタンスを持つことだ。

2017年6月 9日 15:51

  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス