PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

入札・委託で運賃も上下? 人手不足が自治体に影響

【荷主トラブル】
2017年6月 6日 21:38
 物流業界の「人手不足」が、各地の自治体による運送・集配などの業務に影響を及ぼしていたことが関係者の話などでわかった。「人もトラックも用意できない」「業務が続けられない」として、見積もりを求めても集まりにくかったり、契約を破棄して撤退といった事態が生じている。もっとも、入札にするのか特定の事業者に見積もりを依頼する委託にするかの発注方法によっても、「人手不足」を解消できると指摘する関係者もいる。運賃・料金の出所が税金だけに、「運賃が上がるなら、それ相応の根拠が必要」といった見方をする関係者もいる。

 「何とか見積もりを出してくれないか」。神戸市内のトラック事業者の元に、市の担当者がやってきたのは今春のことだった。事業者や神戸市によると、見積もり依頼のあった業務は、市の中央卸売市場(同市兵庫区)から東に10㌔㍍ほど離れた東部市場(同市東灘区)にまで、野菜や果物を毎日運送するというもの。市によると、運送の時間帯は午前3時半から競りが始まる同5時までだが、前後の業務を合わせて5時間の拘束が必要としている。市はこの業務を「市場間連携共同集荷業務」(以下、当該業務)と呼んでいる。市・経済観光局中央卸売市場運営本部によると、当該業務は野菜などの産地から市場にまで集荷する卸業者の業務に、市場開設者としての市も積極的にインフラとしてかかわることで、農産物の鮮度保持ができるとして2015年度からスタートした。

(詳しい内容は、物流ウィークリー6月5日号に掲載しております)

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス