PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

段ボールに傷で弁償、納得できぬ 配送後にクレーム

【荷主トラブル】
2017年6月30日 17:16
 大阪府で地場輸送から長距離輸送を手掛ける運送事業者は、荷主からのクレームに怒り心頭だ。クレームは食品の配送をしたときに発生した。同社に商品の入っている段ボールに5㌢㍍ほどの傷が入っていると連絡が入った。ドライバーも積み込み時や荷下ろし時に商品を確認していないこともあり、商品の返品と弁償金を支払うことになった。

 同社長は「こちらにも確認を怠った落ち度はあるが、配送が終わって数時間がたってからクレームを言われても腑に落ちない。その場で言われれば納得できるが、後からなら何とでもいえる」と話す。また、「商品を保護する段ボールに傷が入っているからと言って、ケースごとの弁償金にも納得がいかない。商品もすべて荷主側に取られたので、より不快感を覚えた。転売などの心配があるのはわかるが、そこまでする気も起こらない」と嘆く。同社は今後、ドライバーには必ず商品を現場の人と確認することを徹底し、今回のようなケースをなくすよう社内で情報の共有を図っている。「今回は、高い授業料を払ったと思いあきらめるが、今後はしっかりと予防策を考えて取り組んでいく」と話す。

     ▼サンプル紙のお申し込みはこちら▼     

     ▼ご購読のお申し込みはこちら▼     

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス