COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

「死なれぬ難面(つれな)くて、さりとは悲しくあさましき」と、井原西鶴の作品『好色一代女』に出ている。西鶴と言えば、元禄文学を代表する芭蕉や近松と名を連ねる存在だが、この言葉は、「毎日がつらくて死ねるものなら死んでしまいたい。でも死のうにも死ねない切なさ、まことに浅ましい」といった気持ちを語る。

▲現世は、いつの時代にあっても自分の思いを前に出して生きようとすれば、どうしても現実とぶつかって思うように生きられず、なにかが障害となって立ちはだかる。だから生きることの悲しさを背負って悩み続けるようだ。人生とは悲しい思いを抱きながら、耐えて生きることかも知れない。しかし、人として生を享けた限り、困難があっても死ぬまで懸命に生きなくてはならない。

 ▲生を享けて生きるうえで、過大な障害に遭遇して悲しみながら嘆くのを避けて、たとえ小さな喜びでも満足する方向へと導くべきであろう。食べ物でも衣服を整えることであってもよい。いずれも人にとって障害とはならず、一時的でも喜びは喜びとして心を満たしてくれるはずだ。人は今、趣味嗜好に興じる。そこに喜びを持とうとする意思表明であり、人に喜びを与えてくれるのだ。

 ▲人は生来的に賢い。時代に合わせ、生きるうえで役立つ文化を創り上げてきた。つらさや悲しみを少しでも和らげようと、笑いや快活さを世に送り出している。自分だけが喜び満足するのでなく、広く多くの人の喜びを共有しようとする絆が織り込まれている。喜びは分かち合うことで倍加する。困難を乗り越えて現世に生きられるのは、喜びを広く共有したいという思いがあったからだろう。

2017年8月 3日 13:42

  • 物流ウィークリー サンプルお申し込み
  • 物流ウィークリー 購読 お申し込み

連載コラム集【毎週更新】

  • 射界
  • 運送経営相談質
  • あなたの会社が儲かっていない 本当の理由
  • 八起会 倒産110番
  • 安心と安全が事業存続の鍵
  • わが社に監査が来る!
  • 経営コンサルタントの現場報告
  • 経営ワンポイントアドバイス