COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営コンサルタントの現場報告

物流専門のコンサルティングを手がける㈱シーエムオーの代表取締役・川﨑依邦氏が、
実際に体験した労務問題を報告。取り組み内容などを詳しく紹介します。

昭和24年、広島市で生まれる。早稲田大学卒業後、民間会社で人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。㈱日本経営から昭和63年に独立開業、平成2年法人設立。「物流経営研究会」を組織。物流業界でオンリーワンの経営コンサルタント会社を目指す。
シーエムオー 川﨑依邦 代表取締役
お問い合わせは http://www.cmo-co.com

労働審判・全面勝利体験報告(36)記録主義の徹底

 法廷の場では主張を裏付ける証拠がものをいう。筆者の会社では記録主義を貫いている。記録主義とは、会議にあっては議事録の作成、個人面談シートの作成、退職にあたっては合意書の締結などである。

2011年3月25日 15:59

つづきを読む

労働審判・全面勝利体験報告(35)負けられない労働審判

 第4 予想される争点及び当該争点に関連する重要な事実

 本件の争点は、①合意書の有効性②申立人が労働基準法41条2号の管理・監督者に該当するか否か③平成21年7月16日付の人事異動が不法行為に該当するか否か──である。

2011年3月11日 13:54

つづきを読む

労働審判・全面勝利体験報告(34)締結した合意書の力

 その後、同日午後4時30分ごろ、川﨑常務から連絡を受けた川﨑社長が、申立人に電話をして話し合い、申立人が会社都合の退職とすること、退職日を8月31日として8月分までの給料を支払うことを要望したので、川﨑社長がそれに応じることとした。

2011年3月 4日 18:13

つづきを読む

1