COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営コンサルタントの現場報告

物流専門のコンサルティングを手がける㈱シーエムオーの代表取締役・川﨑依邦氏が、
実際に体験した労務問題を報告。取り組み内容などを詳しく紹介します。

昭和24年、広島市で生まれる。早稲田大学卒業後、民間会社で人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。㈱日本経営から昭和63年に独立開業、平成2年法人設立。「物流経営研究会」を組織。物流業界でオンリーワンの経営コンサルタント会社を目指す。
シーエムオー 川﨑依邦 代表取締役
お問い合わせは http://www.cmo-co.com

労働審判・全面勝利体験報告(44)常務の陳述書


 陳述書

 1 私は、相手方の常務取締役をしており、相手方の経営全般の責任者です。
相手方では、経営・人事管理といった事項については随時、私、部長、配車リーダーの申立人の三人で幹部会議を行っていたもので、その会議の場で案を決め、川﨑社長に了解を得るという方式をとっていました。
余程の重要事項を除けば、幹部会議の結論が尊重されることが多く、我々幹部が経営や人事管理について裁量権を有していたことは間違いありません。

2011年5月27日 11:08

つづきを読む

労働審判・全面勝利体験報告(43)伝わらない想い


 また、特定の荷主の担当者の○○氏との関係がうまくいかず、限界を感じていることの報告を受けたこともあって、この人事異動を行ったことであり、この異動には合理的な理由があります。

2011年5月20日 11:16

つづきを読む

労働審判・全面勝利体験報告(42)成長させるための人事異動


 7 申立人に対する人事異動については、川﨑常務の報告から、配車リーダーとしての業務姿勢に問題があること、特定の運転者の○○氏に幹部会議の内容をメールで漏らしたり、他の運転者より売り上げが多くなるように配車をつけたりなどの問題がありました。

2011年5月13日 11:25

つづきを読む

1