COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営コンサルタントの現場報告

物流専門のコンサルティングを手がける㈱シーエムオーの代表取締役・川﨑依邦氏が、
実際に体験した労務問題を報告。取り組み内容などを詳しく紹介します。

昭和24年、広島市で生まれる。早稲田大学卒業後、民間会社で人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。㈱日本経営から昭和63年に独立開業、平成2年法人設立。「物流経営研究会」を組織。物流業界でオンリーワンの経営コンサルタント会社を目指す。
シーエムオー 川﨑依邦 代表取締役
お問い合わせは http://www.cmo-co.com

一人でも入れる労働組合がやってきた(34)荷主に応えるしか道はない


 上部団体のメンバーは「過酷な労働を強いている。謝れ」と責めたてる。A社長は納得がいかない。

2012年2月24日 11:26

つづきを読む

一人でも入れる労働組合がやってきた(33)「人事評価」は譲れない


 次回の団体交渉日に向けてA社長は腹を据えることとする。

2012年2月17日 14:36

つづきを読む

一人でも入れる労働組合がやってきた(32)全責任は「私が担っている」


 上部団体の大物氏と水面下交渉すべきか否か。A社長はこちらからは取引を持ちかけないことにした。理由は次の通りだ。

2012年2月10日 11:20

つづきを読む

一人でも入れる労働組合がやってきた(31)上部団体との交渉決裂


 上部団体いわく「労働者の権利は守る。いかなることがあっても賃金は1円たりとも下げさせない。いわんや人事評価で再雇用しないとなることは絶対にノーである」。

2012年2月 3日 09:56

つづきを読む

1