COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営コンサルタントの現場報告

物流専門のコンサルティングを手がける㈱シーエムオーの代表取締役・川﨑依邦氏が、
実際に体験した労務問題を報告。取り組み内容などを詳しく紹介します。

昭和24年、広島市で生まれる。早稲田大学卒業後、民間会社で人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。㈱日本経営から昭和63年に独立開業、平成2年法人設立。「物流経営研究会」を組織。物流業界でオンリーワンの経営コンサルタント会社を目指す。
シーエムオー 川﨑依邦 代表取締役
お問い合わせは http://www.cmo-co.com

一人でも入れる労働組合がやってきた(46)解決金交渉で早期決着


 「解決金交渉とは、どういうことですか」。A社長が質問する。「はっきり言ってB君はこのままドライバーを続けることはできません。辞めるにあたってB君にいくら金を渡すか、これが解決金交渉ということです」。

2012年5月25日 13:30

つづきを読む

一人でも入れる労働組合がやってきた(45)ドライバーの処遇


 A社長は「経営方針書」を作成し張り切っている。出社してドライバーの顔を見ると大きな声で〝ハキハキ〟とあいさつをしている。職場の5Sも進んでいる。明るくなっている。

2012年5月18日 11:34

つづきを読む

一人でも入れる労働組合がやってきた(44)経営の3本柱と社訓


 経営方針書の根本方針は、⑴ドライバー教育に取り組む⑵収益力の向上--︱「入るをはかって出ずるを制す」⑶会社組織の確立--︱定例の「実績検討会議」をする、の3本柱である。

2012年5月11日 11:29

つづきを読む

1