COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営コンサルタントの現場報告

物流専門のコンサルティングを手がける㈱シーエムオーの代表取締役・川﨑依邦氏が、
実際に体験した労務問題を報告。取り組み内容などを詳しく紹介します。

昭和24年、広島市で生まれる。早稲田大学卒業後、民間会社で人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。㈱日本経営から昭和63年に独立開業、平成2年法人設立。「物流経営研究会」を組織。物流業界でオンリーワンの経営コンサルタント会社を目指す。
シーエムオー 川﨑依邦 代表取締役
お問い合わせは http://www.cmo-co.com

経営再生物語(34)営業改革実践シリーズ2


 ②運送から新分野への拡大事例

2013年11月29日 14:06

つづきを読む

経営再生物語(33)営業改革実践シリーズ1


 運送業にとって営業改革は「入るを計って出ずるを制す」の経営原則の中心となるものである。「忙しくてとても手が回らないよ」と諦めていてはならない。心を強くもって1日1日、隙間を活用して地道に営業活動を展開していく。今回からは営業改革実践シリーズとして30の事例を紹介する。

2013年11月22日 13:32

つづきを読む

経営再生物語(32)原単位データを把握する4


 荷主別・配送ルートごとの採算性が、どのようになっているかを把握し、荷主交渉の判断材料や業務見直しを行うためには、車両別原価計算を把握することが必須である。

2013年11月15日 14:35

つづきを読む

経営再生物語(31)原単位データを把握する3

 燃料費管理は、運送業経営における原単位把握(車両コスト)のうちで、重要なものになる。この管理・把握の良し悪しが企業の業績の成果を決定付けるほどである。なぜならエコドライブは全てのコスト削減に直結しているからだ。この燃料費を効果的に管理するには、車両ごとの月間燃費実績の把握が必要。燃費=走行距離÷燃料消費量を伸ばすことが、燃費効率アップの取り組みということになる。

2013年11月 8日 14:17

つづきを読む

1