COLUMN COLLECTION | 連載コラム

わが社に監査が来る!

運送事業に携わる社長・管理職の相談役・コンサルタントとして
問題を解決する「あいち経営コンサルタント」の和田康宏氏。
現場視点で運送会社の社長が抱くさまざまな悩みを解決し、
厳しい経済情勢で生き残っていくためのポイントを解説する。

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格、会計事務所勤務後、22歳で行政書士試験事務所開業。Gマーク制度並びにグリーン経営制度発足当初から「取得支援」を開始。運輸安全マネジメントの導入・運用を支援。これまで300以上のコンサル実績がある。
あいち経営コンサルタント 和田康宏
お問い合わせは http://www.aichi-keiei.jp

模範ドライバーに学ぶ

 〝中小運送会社〟の2代目経営者にとって、「自社のあるべきドライバー像」を徹底的に考えることが重要です。なぜなら、「自社のあるべきドライバー像」=どんなドライバーが増えれば荷主企業から指名されるのか?と同じことだからです。

2011年3月25日 18:45

つづきを読む

ドライバー像を見える化

 前回は、自社にいる〝模範ドライバー〟について気づいたことをドンドン書き出し、「自社のあるべきドライバー像」を鮮明に描きましょう、というお話をしました。そのために自社の模範ドライバーを観察したり、インタビューすることが大切であることもお話しました。いわゆる「自社の隠れた財産の発見」ですね。

2011年3月11日 14:22

つづきを読む

2代目社長がしなければならない10のこと(2)自社の将来像を考える


   2代目経営者が晴れて〝社長〟になられた時、まず、やらなければならないこと。それは「自社をどのようにしたいのか」、すなわち「自社の将来像」をしっかりと考えることです。本当なら、社長になる前から考えておくのがベストです。

2011年3月 3日 14:39

つづきを読む

1