COLUMN COLLECTION | 連載コラム

わが社に監査が来る!

運送事業に携わる社長・管理職の相談役・コンサルタントとして
問題を解決する「あいち経営コンサルタント」の和田康宏氏。
現場視点で運送会社の社長が抱くさまざまな悩みを解決し、
厳しい経済情勢で生き残っていくためのポイントを解説する。

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格、会計事務所勤務後、22歳で行政書士試験事務所開業。Gマーク制度並びにグリーン経営制度発足当初から「取得支援」を開始。運輸安全マネジメントの導入・運用を支援。これまで300以上のコンサル実績がある。
あいち経営コンサルタント 和田康宏
お問い合わせは http://www.aichi-keiei.jp

新トラック運送経営のヒント(33)運転者に効果的な問いかけ


 「外部研修やドラレコに無駄なお金を使うくらいなら、俺たちの給料を上げられるはずだ!」。このように思うドライバーが運送会社の中にいることがあります。心の中で不満に思っているだけなら問題ありませんが、たった1人のドライバーでも不満を口にするようになったら要注意です。まずは、仲のいい同僚ドライバーに、次に、そのドライバーに同調したドライバーが他の同僚ドライバーにと、どんどん会社に対する不満が増殖していきます。

2012年8月31日 13:40

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(32)ダイナマイトの火に気づく


 「30年近くやってきて、初めて死亡事故を起こしただけなのに...」。ある運送会社の経営者の言葉です。「こんなに厳しいんですね。今の行政処分は」と、3日間の営業停止処分が決まり、しみじみと話していました。

2012年8月24日 13:05

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(31)安全規制強化は前向きに


 先日、中部運輸局はある運送会社に対して3日間の営業停止処分をしました。死亡事故を起こしたドライバーの拘束時間などの告示基準違反が31件以上であったことに基づくものです。今回は、次のようなコメントが追加されていました。

2012年8月10日 13:30

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(30)情報発信で差別化を


 「運賃が同業他社のほうが安かったから」。この理由で仕事を奪われた経験のある社長は多いのではないでしょうか? 

2012年8月 3日 14:11

つづきを読む

1