COLUMN COLLECTION | 連載コラム

わが社に監査が来る!

運送事業に携わる社長・管理職の相談役・コンサルタントとして
問題を解決する「あいち経営コンサルタント」の和田康宏氏。
現場視点で運送会社の社長が抱くさまざまな悩みを解決し、
厳しい経済情勢で生き残っていくためのポイントを解説する。

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格、会計事務所勤務後、22歳で行政書士試験事務所開業。Gマーク制度並びにグリーン経営制度発足当初から「取得支援」を開始。運輸安全マネジメントの導入・運用を支援。これまで300以上のコンサル実績がある。
あいち経営コンサルタント 和田康宏
お問い合わせは http://www.aichi-keiei.jp

新トラック運送経営のヒント(84)正しい危機知識を持つ


 「事業停止に該当する可能性がありますので、念のためお知らせしておきます」

2013年9月27日 09:26

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(83)法令違反減らす努力を

 7月下旬、伊勢湾岸自動車道でトラックが乗用車に追突する事故が発生しました。乗用車が故障して3車線の真ん中車線で停車中にトラックが追突し、3人死亡、1人軽傷の重大事故でした。

2013年9月20日 13:58

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(82)無免許運転をさせない


 先日、大手運送会社の元支店長と元副支店長が「無免許運転の容認」で書類送検されました。普通免許しかもっていないドライバーに対して、総重量5㌧以上のトラックを運転させた容疑です。無免許運転と知りながら、2011年7月頃から約2年間、違法行為を続けていたようです。

2013年9月12日 18:29

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(81)まだまだ多い「だろう」経営


 監査の選定理由の約10%が「労働局から国交省への通報」。今年6月に関東運輸局が発表した「貨物自動車運送事業の行政処分の概要(平成24年度)」からの分析で分かった内容です。平成24年度の監査件数は全部で1173件。そのうちの127件が、なんと「労働局から国交省への通報」だったのです。

2013年9月 6日 13:47

つづきを読む

1