COLUMN COLLECTION | 連載コラム

わが社に監査が来る!

運送事業に携わる社長・管理職の相談役・コンサルタントとして
問題を解決する「あいち経営コンサルタント」の和田康宏氏。
現場視点で運送会社の社長が抱くさまざまな悩みを解決し、
厳しい経済情勢で生き残っていくためのポイントを解説する。

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格、会計事務所勤務後、22歳で行政書士試験事務所開業。Gマーク制度並びにグリーン経営制度発足当初から「取得支援」を開始。運輸安全マネジメントの導入・運用を支援。これまで300以上のコンサル実績がある。
あいち経営コンサルタント 和田康宏
お問い合わせは http://www.aichi-keiei.jp

新トラック運送経営のヒント(38)少し負けてでも「法令順守」


 「〝売り上げを下げずに〟法令順守をしろ!」このような指示を出す社長さんを時々お見かけします。

2012年10月 4日 15:27

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(37)現行の告示基準の違反改善


 6月に、関東運輸局が運送会社の行政処分の統計データを発表しました。それによると、23年度の監査実施件数は1171件で、前年度の約1.5倍になっていました。1171件中、実際に行政処分を受けたのは532件。監査を受けると約45%の確率で行政処分になる、ということです。

2012年9月28日 13:10

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(36)人材育成は「急がば回れ」


 「勤務年数が長くなると配車マンの指示に従わないドライバーが増えて困っている」。前々回と前回の連載に引き続き、今回もこの問題についてお話しします。事故分析と同じく三つの切り口を活用します。一つ目は「ドライバーの問題点」、二つ目は「管理者の問題点」、三つ目は「会社(社長)の問題点」です。今回は三つ目の「会社(社長)の問題点」について考えてみたいと思います。

2012年9月21日 13:09

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(35)管理者を育成する仕組み


 「勤務年数が長くなると配車マンの指示に従わないドライバーが増えて困っている」。前回に引き続き、この問題についてお話しします。事故分析と同じく、三つの切り口を活用します。一つ目は「ドライバーの問題点」、二つ目は「管理者の問題点」、三つ目は「会社(社長)の問題点」です。今回は二つ目の「管理者の問題点」について考えてみたいと思います。

2012年9月13日 17:33

つづきを読む

新トラック運送経営のヒント(34)高い歩合給は魔物


 「勤務年数が長くなると配車マンの指示に従わなくなるドライバーが増えて困っている」。こんなご相談も時々あります。

2012年9月 7日 11:51

つづきを読む

6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16