COLUMN COLLECTION | 連載コラム

安心と安全が事業存続の鍵

社会保険労務士の松本千賀子氏が社保未加入や長時間労働、環境問題など、
物流事業者が抱えるさまざまな問題の対応策を紹介。事業存続の危機回避を訴えます。

事業の継続の鍵は「安心と安全」にあります。安心には、「この会社に任せて安心」と同時に「この会社で働く安心」があります。当所は、会社と従業員のより良い関係を築くサポートすることで、事業の発展に寄与致します。
社会保険労務士事務所オフィス松本・松本千賀子
お問い合わせは http://www.office-matsumoto.com/sr

第26回:蓄積した疲労が事故誘発

 今回取り上げるのは、脇見運転による死亡事故です。

2010年10月12日 17:27

つづきを読む

第25回:居眠り運転による事故「納得するまで指導をしたか」

 今回取り上げるのは、居眠り運転による死亡事故です。

2010年10月 1日 11:35

つづきを読む

第24回:実用性ある指導が必要

 今回取り上げるのは飲酒運転による重大事故です。

2010年9月27日 10:41

つづきを読む

第23回:休日の指導も重要に

 7月1日、平成21年度の自動車運送事業に係る交通事故要因分析報告書の「社会的影響の大きい重大事故の要因分析」が公表されました。

2010年9月21日 19:05

つづきを読む

第22回:従業員の能力を存分に発揮

 この厳しい経済状況で、多くの会社は疲れ果て元気がありません。まるで重い病に侵された病人のようです。人間であれば病気の治療には、悪い患部を切除する治療や薬でじっくり治していく治療があります。では、会社の病気にはどんな治療があるでしょうか。

2010年9月10日 11:37

つづきを読む

1  2  3  4  5  6  7