COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営 ワンポイントアドバイス

税理士・矢野利明氏が、中小企業の経営相談を毎回、事例を使って紹介。
見過ごしてしまいがちな小さな疑問を、ユーモアを交えながらわかりやすく解説しています。

大阪を拠点に、税理士として多くの中小・零細企業の経営をサポート。親しみやすい指導と笑顔で、経営者から絶大な信頼を得ている。現在、物流ウィークリーに「経営ワンポイントアドバイス」を好評連載中。
税理士 矢野利明
お問い合わせは TEL.06(6772)3385 FAX.06(6772)0110

第37回:「附合」を理解できず・・・

 自宅を広くするため家屋を増築したご夫婦がいます。田舎なので大きな敷地に夫婦共有名義の家屋が一棟と妻名義の家屋が一棟、別々に建っていました。妻名義の家屋があるのは親からの相続によるものです。今回の増築は夫婦共有名義の家屋を取り壊し、その土地に、妻名義の家屋を基にして工事を行いました。

2011年3月31日 11:04

つづきを読む

第36回:扶養家族の要件確認

 夫婦で事業している有限会社に、全国健康保険協会から、「健康保険扶養者資格再確認のお願い」という書類が届きました。会社は社会保険に入っているので、社長が健康保険証を持っています。奥さんは社長の健康保険証の扶養家族になっているのですが、「扶養家族の要件に該当するかを確認して、もし、該当していなければ扶養家族から抜く手続きをしなさい」という内容です。

2011年3月25日 14:55

つづきを読む

第35回:土地残した親の心・・・

 親から相続した土地を「売却しようか」と悩む人がいます。相続財産に銀行預金はほとんどなく土地ばかりだったため、これらに対する相続税を払うことができない苦しい状況です。

2011年3月11日 13:48

つづきを読む

第34回:融資の面接で冷や汗

 今月まで借金をせず、売り上げで何とか資金繰りを続けてきた会社があります。従業員は家族のみで、家族全員が団結した成果です。ところが、来月以降は売り上げの話が全くなく、倒産に追い込まれる状況になっていました。

2011年3月 4日 18:18

つづきを読む

1