COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営 ワンポイントアドバイス

税理士・矢野利明氏が、中小企業の経営相談を毎回、事例を使って紹介。
見過ごしてしまいがちな小さな疑問を、ユーモアを交えながらわかりやすく解説しています。

大阪を拠点に、税理士として多くの中小・零細企業の経営をサポート。親しみやすい指導と笑顔で、経営者から絶大な信頼を得ている。現在、物流ウィークリーに「経営ワンポイントアドバイス」を好評連載中。
税理士 矢野利明
お問い合わせは TEL.06(6772)3385 FAX.06(6772)0110

第49回:倒産防止共済を解約して失敗

 集金した手形が不渡りになったときに融資をしてもらえる「中小企業倒産防止共済」という制度があります。これを解約して失敗したという社長がいます。

2011年6月24日 11:18

つづきを読む

第48回:倒産寸前から立ち直ったが

 今期も昨年に続き赤字決算になる会社があります。社長の会社は今から7年前に不渡りを出して倒産するところまできていました。不渡りとなる前日、自己破産を覚悟して弁護士に相談したところ、自己破産はいつでもできる、それよりも迷惑をかける会社関係の方々に支払いを延期してもらい、会社の再生を図りなさいと言われました。社長は弁護士に言われたように行動し、業者の協力を得て支払いを延期してもらい、会社再生を目指すこととなりました。その後、社長の必死の努力で会社は何とか立ち直り、延期してもらった支払いも5年間で何とか返済することができました。

2011年6月17日 13:48

つづきを読む

第47回:黒字喜んだのも束の間・・・

 7年前に脱サラをして株式会社を設立した社長が、初めて税務調査を受けることになりました。

2011年6月10日 11:29

つづきを読む

第46回:金融機関を怒鳴りつけ

 親戚がつくった借金の連帯保証人になった社長が、ちょうどその時、自宅を妻の名義にしたことで金融機関と言い合いになった話です。

2011年6月 3日 11:56

つづきを読む

1