COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営 ワンポイントアドバイス

税理士・矢野利明氏が、中小企業の経営相談を毎回、事例を使って紹介。
見過ごしてしまいがちな小さな疑問を、ユーモアを交えながらわかりやすく解説しています。

大阪を拠点に、税理士として多くの中小・零細企業の経営をサポート。親しみやすい指導と笑顔で、経営者から絶大な信頼を得ている。現在、物流ウィークリーに「経営ワンポイントアドバイス」を好評連載中。
税理士 矢野利明
お問い合わせは TEL.06(6772)3385 FAX.06(6772)0110

第78回:税務調査で宿直手当が・・・

 長い間、税務調査がなかったのですが、久々に受けた会社の話です。

2012年1月27日 11:43

つづきを読む

第77回:担保物件を調査され・・・

 金融機関から融資を受ける際、土地や建物の担保を求められます。この担保に提供された土地や建物には、根抵当権が法務局で登記されます。登記されると、例えば担保に供した土地の上に建物を新築するなどした場合には金融機関からの制約を受けることになります。金融機関から融資を受けている社長が、金融機関からの斡旋で借入金の借り換えを勧められた時の話でした。

2012年1月20日 11:37

つづきを読む

第76回:個人事業でやり直し

 今まで法人として事業をしてきた社長が、個人事業としてやり直そうか、と悩んでいます。  社長の会社は、家族が従業員として働き、そのほか数人のアルバイトでまかなっています。昔は大変儲かったのですが、平成20年の秋に起こった世界同時不況以来、売り上げが伸び悩むというよりも毎月減少していく状況です。そのため、ここ数年、連続で赤字決算が続いています。資金繰りが大変ではあるのですが、幸いにも儲かった時代の蓄えがあったので、自身の貯金を切り崩しては資金をつなぎ、金融機関から借金をすることなく何とか経営してきました。

2012年1月13日 11:42

つづきを読む

1