COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営 ワンポイントアドバイス

税理士・矢野利明氏が、中小企業の経営相談を毎回、事例を使って紹介。
見過ごしてしまいがちな小さな疑問を、ユーモアを交えながらわかりやすく解説しています。

大阪を拠点に、税理士として多くの中小・零細企業の経営をサポート。親しみやすい指導と笑顔で、経営者から絶大な信頼を得ている。現在、物流ウィークリーに「経営ワンポイントアドバイス」を好評連載中。
税理士 矢野利明
お問い合わせは TEL.06(6772)3385 FAX.06(6772)0110

第99回:臨時の儲けが全部消費税に


 事業をしている会社は、会社の決算時に法人税の確定申告と、消費税の確定申告をしなければなりません。しかし、消費税は法人税とは違い、2年前の売り上げが1000万円以下なら、その年は消費税の確定申告をしなくていいことになっています。

2012年6月29日 11:40

つづきを読む

第98回:休業でも清算手続きできず


 会社を廃業する場合、法務局に届け出て会社を解散、清算手続き、そして清算結了は収入印紙を購入して法務局に申請しなければなりません。つまり、お金を払わないと会社を清算することができない、ということになります。

2012年6月22日 12:56

つづきを読む

第97回:還付されない消費税に怒り


 消費税は、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して課税される税金のことです。商売をしている人は、消費者から売上代金と一緒にもらった消費税を税務署に支払わなければなりません。また反対に、税務署から消費税を返してもらえるという場合もあり、ややこしい税金です。

2012年6月15日 11:52

つづきを読む

第96回:恐ろしい、役所の取り立て係


 住民税を半年以上滞納していたため、市役所から差し押さえの予告通知が送られてきた社長がいます。

2012年6月 8日 13:40

つづきを読む

第95回:相続は、次の相続も考えて


 「相続する際は次の相続もよく考えなさい」と言われることがあります。今回はご主人が亡くなり、相続税を払うことにした家族の話です。

2012年6月 1日 13:22

つづきを読む

1