COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営 ワンポイントアドバイス

税理士・矢野利明氏が、中小企業の経営相談を毎回、事例を使って紹介。
見過ごしてしまいがちな小さな疑問を、ユーモアを交えながらわかりやすく解説しています。

大阪を拠点に、税理士として多くの中小・零細企業の経営をサポート。親しみやすい指導と笑顔で、経営者から絶大な信頼を得ている。現在、物流ウィークリーに「経営ワンポイントアドバイス」を好評連載中。
税理士 矢野利明
お問い合わせは TEL.06(6772)3385 FAX.06(6772)0110

第106回:予期せぬ相続財産の漏れ

 親が亡くなると、財産をどのように相続するかという話になります。親が亡くなってからは10か月以内に、すべての財産を漏れなく調べます。そして誰が相続するかを決めて、相続税を計算し、税務署に相続税の申告書を提出して納税しなければなりません。財産の漏れがあると、税務調査となって追徴金を払うことになります。

2012年8月31日 10:40

つづきを読む

第105回:資金繰り苦しく自宅売却か

 何とか借金を減らして今の状況を脱したい、という社長さんがいます。平成20年の秋の世界同時不況以降から、社長さんの会社の売り上げが激変して大変な状況になり、借金返済に苦しんでいます。

2012年8月24日 11:10

つづきを読む

第104回:保険金受け取り後の心配


 父親が亡くなり生命保険金を受け取ることになった家族が大変心配していることがあります。生命保険は保険金の受取人を最初の契約時に決めているため、その決められた人に支払われます。しかし、亡くなった父親が契約していた生命保険は、受取人が契約者の相続人となっていました。

2012年8月10日 10:57

つづきを読む

第103回:確定申告は真面目に確実に


 年金と不動産の賃貸収入で暮らしているご老人がいます。不動産の賃貸収入といっても、年金だけでは賄えない生活費を補う程度の収入です。

2012年8月 3日 11:00

つづきを読む

1