COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営 ワンポイントアドバイス

税理士・矢野利明氏が、中小企業の経営相談を毎回、事例を使って紹介。
見過ごしてしまいがちな小さな疑問を、ユーモアを交えながらわかりやすく解説しています。

大阪を拠点に、税理士として多くの中小・零細企業の経営をサポート。親しみやすい指導と笑顔で、経営者から絶大な信頼を得ている。現在、物流ウィークリーに「経営ワンポイントアドバイス」を好評連載中。
税理士 矢野利明
お問い合わせは TEL.06(6772)3385 FAX.06(6772)0110

第110回:看板で固定資産税アップ

 ある日突然、市役所の固定資産税係がやってきた、という社長の話です。

2012年9月28日 10:46

つづきを読む

第109回:子ども手当で還付金減る

 毎年、年末になりますと、会社から給料をもらっている人は年末調整といいまして、1年間の給料に掛かる所得税を計算します。毎月の給料から所得税が天引きされていますから、この天引きされた1年分の所得税が多ければ、会社が所得税を本人に還付することになります。ほとんどの人は年末調整で還付されますが、たまに給料から天引き不足で追加で徴収される人もいます。

2012年9月21日 10:42

つづきを読む

第108回:名義変更ミスで贈与税に

 平成24年のある日のこと、税務署から「贈与税申告についてのご案内」と書かれた葉書が送られてきて、大変困ったという社長さんがいます。

2012年9月13日 17:36

つづきを読む

第107回:固定と償却、解釈の違い

 償却資産税という税金があります。土地建物には固定資産税という税金が、自動車には自動車税という税金がかかります。この償却資産税は、これら固定資産税や自動車税がかからない、建物の付属設備、構築物、機械装置や什器備品という償却資産に対して課せられる税金です。会社にあるクーラー、コピー機やパソコンなどにも税金がかかってしまうというやっかいな税金です。毎年1月31日に、前年の12月31日時点で会社にある償却資産を申告します。

2012年9月 7日 10:41

つづきを読む

1