COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営 ワンポイントアドバイス

税理士・矢野利明氏が、中小企業の経営相談を毎回、事例を使って紹介。
見過ごしてしまいがちな小さな疑問を、ユーモアを交えながらわかりやすく解説しています。

大阪を拠点に、税理士として多くの中小・零細企業の経営をサポート。親しみやすい指導と笑顔で、経営者から絶大な信頼を得ている。現在、物流ウィークリーに「経営ワンポイントアドバイス」を好評連載中。
税理士 矢野利明
お問い合わせは TEL.06(6772)3385 FAX.06(6772)0110

第139回:欠損金の繰り戻し還付を選択

 今期の決算で最終の利益が赤字になった会社があります。前期までは、なんとか黒字を維持してきました。しかし、近年の不況の波を被り、とうとう今期は赤字決算となりました。

2013年5月31日 11:01

つづきを読む

第138回:補助金受け融資も申し込む

 バブルの時代に大儲けした会社があります。税務署が来て交際費について質問されたらどうしよう、と言うくらい儲かりました。

2013年5月24日 10:46

つづきを読む

第137回:友人のためにした決算

 今回は「業績不振で会社を解散し、決算や清算手続きをせずに放っておいて自然消滅させてしまいたかったが、会社が苦しかったときにお世話になった人のために決算をすることにした」と語ってくれた社長の話です。

2013年5月17日 11:02

つづきを読む

第136回:「私的流用」指摘され300万円

 会社が税務調査を受けることになると、必ずと言っていいほど追徴金を支払うことになります。この追徴金を支払うとき、会社は必ず修正申告書を提出して、それに基づく税金を支払います。そして、その修正による税額には、重加算税や過少申告加算税、そして延滞税と言ったような罰金も含まれています。

2013年5月10日 11:15

つづきを読む

1