COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営 ワンポイントアドバイス

税理士・矢野利明氏が、中小企業の経営相談を毎回、事例を使って紹介。
見過ごしてしまいがちな小さな疑問を、ユーモアを交えながらわかりやすく解説しています。

大阪を拠点に、税理士として多くの中小・零細企業の経営をサポート。親しみやすい指導と笑顔で、経営者から絶大な信頼を得ている。現在、物流ウィークリーに「経営ワンポイントアドバイス」を好評連載中。
税理士 矢野利明
お問い合わせは TEL.06(6772)3385 FAX.06(6772)0110

第152回:寮費天引きでややこしく

 源泉所得税という税金があります。身近な話では、給料からいくらの税金を天引きするかを定めている税金です。源泉所得税は大変ややこしく、従業員が会社から借金するときの金利が低すぎると、通常の金利とその低すぎる金利との差額が給料とされたり、従業員の寮費を安くしている場合にも差額が給料とされてしまいます。

2013年9月20日 11:03

つづきを読む

第151回:累積赤字でローン組めず

 マイホーム購入のため住宅ローンを申し込む際、サラリーマンの場合は会社の源泉徴収票や納税証明の提出を求められ、問題がなければ住宅ローンの契約が金融機関と結ばれることになります。しかし、中小・零細企業の社長さんが申し込むとなると、3年分の社長さんの源泉徴収票と会社の決算書を金融機関に提出し、審査されることになります。3年分もの決算書の提出を求められるのは、中小・零細企業の場合、会社と社長は一心同体と判断されているからのようです。

2013年9月12日 16:53

つづきを読む

第150回:代々受け継いだ土地売却

 今回は、先祖代々受け継がれてきた土地を所有する社長さんが、土地を売却する決心をしたお話です。

2013年9月 6日 11:04

つづきを読む

1