COLUMN COLLECTION | 連載コラム

経営 ワンポイントアドバイス

税理士・矢野利明氏が、中小企業の経営相談を毎回、事例を使って紹介。
見過ごしてしまいがちな小さな疑問を、ユーモアを交えながらわかりやすく解説しています。

大阪を拠点に、税理士として多くの中小・零細企業の経営をサポート。親しみやすい指導と笑顔で、経営者から絶大な信頼を得ている。現在、物流ウィークリーに「経営ワンポイントアドバイス」を好評連載中。
税理士 矢野利明
お問い合わせは TEL.06(6772)3385 FAX.06(6772)0110

第167回:「借入金が多い」と問題に

 この度、マイホームを購入するために住宅ローンを金融機関に申し込んだ社長がいます。会社は従業員がいません。社長一人だけです。また、社長が原価意識に目覚めたのが原因で、ここ数年は連続して黒字決算です。

2014年1月31日 11:28

つづきを読む

第166回:住宅ローン決裁が下りない!?

 今回は、住宅ローンを申し込んだのにローンの決裁が下りなかった社長の話です。社長の会社は、バブル経済時代に記録した最高の売り上げから毎年減少し、直近の売り上げは最高期の4分の1ぐらいです。そのため、資金繰りは大変です。

2014年1月24日 11:20

つづきを読む

第165回:消費税滞納で「還付金」差し押さえ

 個人で事業をしている社長は、毎年3月15日には税務署に所得税の確定申告書を提出します。この所得税の確定申告書に記載された税金がマイナスのときは還付申告といいまして、税金が戻ってくることになります。税務署から郵送されてくる「国税還付金振り込み通知書」というはがきに還付される所得税の金額が記載されています。

2014年1月17日 11:26

つづきを読む

1