PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

別会社設けリスク分散 事業継続が困難になる前に...

【行政処分】
2011年8月23日 21:16
 運送事業者は規制強化で点数制が設けられ、一定の減点数で事業継続が困難になる。最近では運輸局による巡回監査なども実施され、行政処分を受ける運送事業者も増加している。こうした背景から、最近では既存事業者を買収する事業者もあるようだ。大阪市の事業者も今年に入って、事業廃止を考えていた会社を買収した。「これまでの会社の車両台数を減車し、分社化して別会社で実運送を行うことで、親会社を守り、リスクも小さくできる」と理由を話す。
 

突然の巡回監査にビクビク 貨物運送も規制強化

【行政処分】
2011年8月 3日 20:09
truck2_0801.jpg タクシーやバスは規制強化で、運輸局や運輸支局などから連絡なしで突然、巡回監査が行われることから、監査に対応するため専門家による指導・研修を受けている会社もある。しかし、貨物運送ではこれまで、適正化実施機関などによる巡回指導の実施、また、巡回監査でも前日に監査が行われる旨の連絡があったことから、何ら問題なく、処分対象となるものもなく監査は終了するケースが多く、そもそも貨物運送では頻繁に監査も行われていなかった。しかし、今年4月から方針が変更されたようだ。国交省では各地方運輸局に監査の強化を通達し、貨物運送もタクシーやバス同様の厳しい監査が実施され、一部の運送会社ではトラブルも発生しているという。