PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

悪質業者は処分対象 巡回指導何度も拒否など

【行政処分】
2011年11月28日 21:21
 ト協職員の顔と、巡回指導でトラック事業者を回るという、二つの立場を合わせ持っている適正化実施機関の指導員は、「いわば身内」という運送会社の認識から、思うような指導業務がこなせないケースもある。しかし、そうした事情に変化が見え始めている。中国地方で今夏、二つの厳しい行政処分が行われたが、運輸当局が監査に入った端緒は、適正化実施機関が2社に「悪質事業者」のレッテルを張ったためだった。指導員の巡回指導を受け入れない例をはじめ、「改善報告書を出さない」「5段階評価で低評価を続ける」という行為は今後、運輸当局による巡回監査から厳しい処分へとつながるプロローグになるかもしれない。
 

厳しすぎる監査に憤り 難癖に近い指摘で処分に

【行政処分】
2011年11月24日 19:36
 「今の運輸支局の監査は、まるで脱税調査に来た税務署並みの厳しさ。これまで一度も指摘されたことのない細かな事項に対して、かなりのチェックを入れられ、まるで犯罪者扱いされた」と憤るのは、過日、支局による無通告の監査を受けた道央圏の事業者。担当官3人が朝9時に事務所を訪問し、夕方5時まで、帳票類を隅から隅まで調べていった。同社長は、事故を起こしたのでもなく、悪質な法令違反をしていたわけでもなく、しっかりと管理していたつもりだったため、なぜうちに来たのかよく分からなかったが、「点呼、日報、整備、労働時間管理、毎月の安全ミーティングなど必要なことは全部やっており、書類も全てそろっている。別に怖くないので、全部見ていってくれ」と特に処分されることもないと考えていたが現実は違った。
 

労基署の調査急増 一方的な相談で立ち入り調査も

【行政処分】
2011年11月17日 19:17
truck4_1114.jpg 大阪府下では現在、運送事業者に対して労基署による調査が頻繁に行われている。労働者からの申告で立ち入り調査も行われているようだ。