PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

EU諸国、厳格な罰則 運転時間違反者30万円の罰金

【行政処分】
2012年8月23日 13:53
truck5_0813.jpg イギリスでは運転時間、休憩時間の違反者は30万円以下の罰金――。厚労省の委託事業である「EU諸国における自動車運転者の法規制及び実態に関する調査研究」についての報告書が3月にまとめられたが、これによるとトラック運転者の労働時間についてEU諸国の場合、日本と大きく異なるのは罰則規定が厳格で、かつ厳重に取り締まりを行っていること。運送会社、ドライバーともに厳罰が科せられ、欧州ではしっかりとしたルールが作られ、トラックドライバーの労働条件の改善に力を入れていることがうかがえる。
 

運輸局が監査強化 呼び出し続き事業継続に不安

【行政処分】
2012年8月22日 21:28
truck4_0813.jpg 近畿運輸局では事業者に対しての監査を強化しているようだ。労基署からの監査に対しても、監査後半年から1年が経過したころに運輸局による特別監査が行われ、その後も是正が適正に行われたかなどの確認のため、何度も呼び出し監査を行っているという。
 

分社化でリスク管理 規制強化で厳しい行政処分

【行政処分】
2012年8月 6日 20:20
 バスによる悲惨な事故が発生して以降、バス業界はもちろん、貨物運送業界でも規制強化が進められ、監査や行政処分が頻繁に行われている。そんな中、企業を存続させるため分社化を考える運送会社も増えている。
 

規制強化で「ふるい落とし」を 関ト協海コン部会

【行政処分】
2012年8月 3日 11:36
truck1_0806.jpg 関東トラック協会の海上コンテナ部会は、東京港のコンテナターミナルを利用する事業者について、9月をめどに部会員450社にヒヤリング、アンケートなどを実施。「悪質な事業者の増加」が判明した場合、国に対し「海コン輸送に対するさらなる規制強化」を求める方針を固めた。ツアーバス業界で新たな安全規制が設けられた結果、100社超が撤退した事実を受け、「海コン業界でも『行儀の悪い』事業者はふるい落としてもらう。安全運行の徹底を第一に考えれば当然」と荒木俊夫部会長。トラック運送業界で事業者団体が自ら規制強化を求めるケースはまれで、今後の動きが注目される。