PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

不法ヤードを立ち入り調査 トラック盗難で行政が動く

【行政処分】
2013年5月31日 11:46
yard_0603.jpg トラックの盗難が相次ぐ中、全国で最も自動車盗難件数が多い千葉県が対策に乗り出した。千葉県警と協議会を立ち上げ、中古車解体施設であるヤードの立ち入り調査をはじめとした検討を開始、場合によっては条例での規制も視野に入れるという。業界では現在、古い型のトラックやユニック車、ハイエースなどのバン車が狙われており、そうした車両を保有する事業者は毎日、いつ狙われるかわからない不安に頭を悩ませている。まだ、検討を始めたばかりで、どこまで効果を発揮するか不明だが、今回の取り組みがトラック盗難を抑制する有効打となることが期待される。
 

駐車違反わずか3分で取り締まり 警察「見張り付ければいい」

【行政処分】
2013年5月23日 16:43
ihan_0520.jpg 現在、都内の駐車規制緩和区間は43か所。年々少しずつ数を増やしているものの、依然として集配中に取り締まられるケースが後を断たない。事業者も派遣社員に車の見張りを頼むなど自助努力を行っているが、負担が増えるばかりで根本的解決には至っていない。東ト協も事態を重く受け止めており、今年1月に警視庁、2月には東京都に対して要望書を提出した。駐車違反の取り締まり強化について、ハード面が整わないままに厳しくなっているとの批判は根強い。
 

虚偽記載のチェック困難 雇調金不正受給に手を出す

【行政処分】
2013年5月16日 14:28
fusei_0513.jpg 雇用調整助成金(中小企業緊急雇用安定助成金も吸収)による不正受給に手を出す運送事業者は少なくない。厚労省でも不正受給防止に力を入れているものの、多くの企業が不正受給をしたとして公表されているのが現状だ。不正については申請の際に窓口でチェックするのは困難で、多くは内部告発によって明らかになっているという。各地の労働局では内部告発専用のメールアドレスを設置するなど、従業員による「タレコミ」を期待しているところも多いようだ。