PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

聞こえた会話で飲酒黙認? 「黙認」評価の妥当性

【行政処分】
2016年6月 6日 18:28
0606.jpg 暗黙のうちに認め、許すことが「黙認」だとしても、社員による違法行為を会社が見逃しているという可能性を指摘するケースでは、その言葉の扱いに慎重さが求められる。西日本地区のトラック事業者が過日、担当行政による立ち入り調査を受けた。同事業者が厳しくチェックされたのは実運送の業界が共通して抱える長時間労働の部分だったが、その際に「以前から当たり前にやってきた高速道路を使う場合の社内ルールが『過労を黙認している』としてダメ出しされた」(社長)という。かつて同地区では飲酒運転で同様のレッテルを張られた例もあるが、現場の状況はどうだったか。二つのケースを比較しながら「黙認」を考えてみた。