PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

「通り魔車両」にご用心 任意保険未加入が増加

【事故】
2010年10月18日 12:31
 「まるで通り魔に遭ったようなもの...そう思うしかない」と損保業界の関係者。経済事情の悪化も影響しているというものの、ハンドルを握るからには強制保険(自賠責)だけでなく、任意保険に加入するのも義務のようなもの。しかし、いわゆる無保険車の増加は顕著で、一部では営業ナンバーのトラックにも広がっているという。運輸当局では新規開業に際して一定のルールを敷いているが、その後は「事業者に任せるしかない」と、文字通り「任意」の見解。事故被害者が泣き寝入りとならないための現状改善が求められる。
 

「高速道路上の事故死」 道路保全会社が語る実情

【事故】
2010年10月13日 19:39
 親族なども含めた交通事故の当事者と、その他大多数。一つの事故発生の瞬間から人間社会にはそんな、目には見えない区分けができてゆく。今回話を聞かせてもらった方々の職業は、人の死、とりわけ高速道路上の事故死について、当事者とは言えない、しかし全くの無関係でもない第三の視点を提供してくれる。
 

「緊急ダイヤル利用して」 予算削られ道路パトロール半減

【事故】
2010年10月 5日 19:14
 主要国道などの幹線道路や高速道路を走行中に異状を発見した場合に、ドライバーが国土交通省(地方整備局)や各道路会社へ現状を伝える手段の一つが道路緊急ダイヤル「♯9910」。ケータイなどを活用して迅速かつ、より多くの情報提供を受けることで早期に事故リスクの芽を摘み取るのが狙いだが、その周知と利用促進に向けた担当行政の広報活動が真剣みを帯びている。背景には、ここ数年間にわたって減少傾向が顕著だった交通死亡事故が一変して急増の様相を見せている一方、「道路管理の予算が削られたために従来の半分程度しかパトロールできない」(国道事務所の関係者)という厳しい現実がある。