PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

高速道路の落下物 事故の過失割合は?

【事故】
2012年4月23日 19:31
 「高速道路に落下物がなければ交通事故にならなかったはず」。このような思いを持った運送事業者少なくないだろう。中国道では、約3メートルもある木製の小屋が落ちていた。そこまで大きな落下物は珍しいが、ネクスコ西日本では管内で「年間11万件の落下物がある」という。
 

高速道路で重大事故が多発 「逆走」「追い越し車線で停車」

【事故】
2012年4月 6日 15:08
kousoku_0409.jpg 高速道路の車線上に停止していた車両に後続車が追突する重大事故が多発しており、警察や管理者である道路各社も「不法行為の防止」を含めた啓発強化に乗り出している。通行料金の割引拡充によって、それまで高速道路を利用する機会が少なかった一般ドライバーが大量に流入している状態を危惧する声は以前から聞かれていたが、高速隊の関係者によれば「最近は整備不良が原因のトラブルで緊急停止したトラックが、事故を誘発するケースも増えている」という。
 

薬物常習者が事故死 保険金拒否、行政処分で遺族提訴も

【事故】
2012年4月 5日 18:08
jiko_0402.jpg 愛知県のK社では昨年、追突事故で死亡した運転者から覚醒剤反応が検出され、保険会社から保険金の支払いを拒否されたほか、近く車両停止などの行政処分も下る予定だ。その一方で、遺族には労災保険が支払われており、経営者は「覚醒剤使用など夢にも思わなかった。点呼時もまったく問題はなく、会社側の管理不足という処分には納得できない。むしろ会社は被害者だ」として遺族に対し賠償金の支払いを求め提訴する構えも見せている。
 

相次ぐコンテナ横転事故 「法案の一刻も早い成立を」

【事故】
2012年4月 5日 18:01
 2月23日に大阪市住之江区の国際フェリーターミナル内で、船から陸揚げされた海上コンテナのマーシャリングをしていた海コントレーラが、旋回を行うために右にハンドルを操作したところ、突然、20トン積み荷コンテナが傾いて運転席を押し潰し、ドライバーが死亡した。現場検証によると、コンテナの中身はコイルで木枠の一部を歯止めされているだけで、コンテナ内でコイルがずり落ちた形になっていた。この事故でドライバーを亡くした大阪府堺市の運送会社社長は、「これでは横転事故につながって当たり前」と、コンテナを取り扱う港運業者に怒りをあらわにしている。