PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

関交協に突然賠償請求 高速道路保有・債務返済機構

【事故】
2012年12月14日 13:19
syuto_1217.jpg 08年8月、ガソリンを積んだ大型トレーラが首都高で横転、炎上するという事故が起こった。道路がトロトロに溶けるという日本の高速道路史上、未経験の大火災事故だった。4年以上経った今も、事故を起こした多胡運輸(群馬県高崎市)と首都高速道路会社との間で裁判は続いているが、多胡運輸が加入する関東交通共済協同組合(大髙一夫理事長)に、今年に入って突然、日本高速道路保有・債務返済機構から損害賠償の請求書が届いていたことが本紙の取材で分かった。関交協が支払えるのは危険物特約として再共済を利用した10億円が限度。「それをはるかに上回る金額」の要求に関係者は戸惑っている。
 

笹子トンネル事故で緊急点検 公道の安全大丈夫?

【事故】
2012年12月14日 13:14
 中央道・笹子トンネル事故以来、全国各地で緊急点検が実施されている。トラック運送事業者がいくら安全運転を徹底しようが、その基礎となる公道の安全が揺らいでいては、運送事業者にはなす術がない。今回は高速道路での事故だったが、高速道路よりも一般の国道や都道府県道、市道などが圧倒的に多い。そういった一般道路の安全点検はどうなっているのだろうか。関係者に話を聞いた。