PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

追突された側にも過失 高速道路非常駐車帯での停車

【事故】
2014年7月23日 21:06
 交通事故が発生すれば、相手との示談交渉が保険会社を通じて行われ、責任に応じた過失が事故当事者に伝えられる。過失割合で自らが契約する保険で賠償が支払われ、過失が大きければ負担も増え、損保会社の保険の掛け金は値上がりするため、誰もが過失割合は受けたくないのが本音だ。そんな中、ある交通事故が高速道路で発生した。高速道路の非常駐車帯で停止していたトラックに後続車が追突してきたというもの。一般的に、停止している車両に後方の車両が追突してきたのだから、追突された方の過失はゼロと思われるが、実際は違うようだ。