PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

事故発生前の逮捕、事例増加の可能性 兵庫県警が過労運転者職質

【事故】
2015年11月25日 17:08
yoruno_1123.jpg 過労運転が原因の交通事故が発生した場合、運送事業者や運行管理者が逮捕される例が相次いでいる。しかし、逮捕されるのは交通事故が発生した後のことで、発生前に逮捕される例は極めて少ない。それは、このままの状況が続けば交通事故が発生するかどうかを見極めることが非常に困難だからだ。しかし、兵庫県警は先月15日、加古川市内の運送事業者を道交法違反・過労運転の下命容疑で逮捕した。同事業者は事故を発生させる前に逮捕されたことになる。
 

4トン車での体当たり犯が判明 反省見えず人身事故扱いへ

【事故】
2015年11月20日 17:22
 「4㌧車が体当たり」「高速道で信じられない当て逃げ」...本紙10月19日号で、警察当局による捜査とは別に、被害に遭ったトレーラを保有する岡山県の運送会社が、独自にドライブレコーダーの映像解析を進めるなど〝当て逃げ犯人〟の割り出しに向けた動きを報じたが、このほど4㌧車のドライバーが判明。しかし、「反省するどころか、当時の状況を話していないのか、所属する運送会社も真相を把握していない様子。ふざけた対応に、こちらとしては人身事故の扱いも加えて争っていくことにした」(岡山の運送会社専務)と憤りは収まらない。
 

交差点での事故に注意 危険な場面を目撃

【事故】
2015年11月11日 18:34
 10月上旬、トラックドライバーに向けた交通安全講習の取材を二回行った。二回とも講師は「交差点での重大事故が最近増えているので注意してほしい」と強調しており、その時は特に気にとめなかったが、そのすぐ後に、実際に重大事故になりかねない交差点での危険な場面を目撃し、「交差点の危険性」を再確認した。
 

高速道路の安全対策...対面2車線での死亡事故急増報道

【事故】
2015年11月 6日 18:37
kosoku_1109.jpg 「対面2車線の高速道路での死亡事故が急増している」という報道があった。高速道路でありながら対面通行する場合、大型トラックを運転するドライバーからは「怖いと思ったことがある」「スピードを出せず、後ろに渋滞ができると申しわけない気持ち」などの声を聞く。しかし、調査したとされる会計検査院は「そういった発表をしたことがない。マスコミ各社の独自取材によるもの」という。報道が正しいかどうかは別にしても、「対面2車線」が危険なことに変わりはない。