PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

国際海コン陸上輸送 危険物ラベル周知不足

【事故】
2016年11月29日 18:48
1129.jpg コンテナの外側に危険物を示すラベルが貼られていたことなどから消火活動が遅れた先月下旬のコンテナトラック(シャシー)の火災(既報)で、消火活動にあたった大阪市消防局が本紙取材に応じ、危険物の国際海上輸送の際に用いられるラベルに関する認識を消防組織として持ち合わせていないことが分かった。コンテナの陸上輸送では、中身に危険物が積載されている場合でも、消防法上の危険物マークをトラックやシャシーに貼る習慣はなく、また、中身が危険物か否かすら知らされないまま輸送するトラックが多いと、多くの陸上輸送業者が指摘している。国際海上コンテナの陸上輸送には、いまだ安全上の法整備が遅れていることが、また露わになった形だ。
 

阪神石油運送 ボヤを発見、消化 消防から感謝状

【事故】
2016年11月28日 18:07
 タンクローリー車での危険物輸送を手掛けている阪神石油運送(足立茂蔵社長、大阪市此花区)の大橋隆さんと中野潤さんはこのほど、自動販売機の釣り銭泥棒が火を着けたボヤを発見し、消火器による初期消火を行ったことで、此花消防署から感謝状が贈られた。同社のドライバーは、出勤時間が約30分間隔でずれていたことが幸いし、火災を発見して初期消火活動が行えたという。