PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

石油4製品卸価格・新算定体系に統合

【燃料問題】
2010年5月31日 16:08
 新日本石油とジャパンエナジーは石油4製品(軽油、ガソリン、灯油、A重油)の卸価格を新算定体系に統合し、6月1日の出荷分から適用を開始する。両社とも卸価格については国内石油製品卸マーケット連動方式を採用しているが、7月の合併に向け、卸価格の設定をスポット価格など指標価格も含めて統合。さらに従来の「コスト連動方式」を一部復活する形にする。事実上の「高値安定」が狙いとの指摘もあり、小売価格に跳ね返るのは必至で軽油価格の高止まりに泣くトラック業界にも大きく影響しそうだ。

 新日石は08年10月から、ジャパンエナジーは同11月から卸マーケット連動方式を導入した。新体系では従来の卸マーケット連動方式を基本にしながら「週次改定」を迅速化。価格算定期間「当週金曜日から翌週木曜日」に合わせ、価格適用期間を「当週土曜日から翌週金曜日」とするなどタイムラグを短縮する。それでも卸価格へのコスト転嫁が遅れ気味となり、原油価格の高騰や急落などに十分な対応ができない可能性もあるため、「コスト連動」方式を復活・併用して卸価格を算定していくという。